• 会社案内トップ
  • 会社概要
  • 沿革
  • 代表者挨拶
  • お問い合せ
代表者挨拶

リアルとITの融合
私がコンピューターと出会って、40年。
日々、新しい技術ばかり追いかけていましたが、ふと気付いた事があります。

それは「コンピューターはツールである」ということ。

携帯で何か出来ないか?インターネットを使って何か出来ないか?技術を中心とした発想で新しい何かを作り出そうと、日々考えていました。
しかし、そこで忘れてはならないのは、利用するのは人間であるということです。
どんなに高機能なツールを作っても利用者が使いにくいと感じたら、そのツールの価値はありません。日常の生活、仕事、趣味、それらを手助けするのがIT技術だと考えています。。

私たちはIT技術を中心としたビジネス展開を行いません。まずそのビジネスの実態(リアル)、 実務を知る努力をした上で、技術面のお手伝いをします。
一般的には手間が掛かり遠回りと思われますが、そのステップがビジネスを成功へと導き、企業を成長させてくれるものと信じています。

そして社会貢献。
ドリームエリアは自社のノウハウや資産を、IT技術の面から地域社会へ提供しています。その一環として、不審者情報システム「マチコミ」の無償提供を続けています。
創業期から現在まで、私たちは社会から多くの気付きを与えられ、多くの支えをいただきました。
その社会に対して貢献できることは、全社員にとっての誇りであり、企業のエネルギーになっています。


寺下武秀

トップに戻る
(c) Copyright DreamArea Co., Ltd. All Rights Reserved.